干し芋のアレンジレシピ!天ぷら・バター焼き・味噌汁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

素朴な、昔からのスイーツ、干し芋。
そのまま食べるだけだと、味がシンプルゆえに飽きちゃいますよね。
また、時間を置きすぎると固くなって食べにくくもなります。
カビが生えたり、固くなったりする前に、アレンジレシピにチャレンジしてみては?
とっても簡単でおいしい干し芋の調理法があるようですので、その真偽を探ります。

スポンサードリンク

干し芋を天ぷらにしてみる

さつまいもと比べると、すでに手間がかけられている分調理が楽なのが干し芋です。

蒸して干すことで甘みやうまみも増しています。

半生タイプでも、しっかり干されたタイプでも天ぷらにするととってもおいしいです。

しっかりの方は、厚切りのポテトチップスを思い出す食感になるまで、低温でじっくり揚げてもおいしいです。

半生タイプは、普通のさつまいもと同様、天ぷらの衣をつけて170度で揚げると、さつまいもを使うよりも甘味のある天ぷらになります。

歯ごたえもしっかりしていて、芋のパサパサホクホク感が苦手な人でも大丈夫。

おいしく食べることができます。

最初に火を通しているので、手早くできるのも魅力ですね。

塩をあれこれ準備して食べるのもお勧めです。

塩を使うと、さらに甘みが増しますよ。

天つゆに大根おろしという組み合わせも、さっぱり食べられます。

大葉やネギを添えてもさらに美味しくいただけます。

干し芋のバター焼きは?

干し芋をバターで焼くと、ちょっとしたスイーツのようになります。

蒸して干されることによって甘みが凝縮されているので、そこにバターが加わればまさにスイートポテトです。

スイートポテトよりさらに歯ごたえがしっかりしているので、食べ応えも抜群。

バターで焼いてから塩、しょうゆで味付けすればしっかりおかずになります。

パンのお供にする時は、シナモンシュガーやココアシュガーを振ってもおいしいですよ。

はちみつやヨーグルトを添えるのもGOOD。

ちなみに、マーガリンで焼くとちょっと香りと風味が変わりますが、味付けをしっかりしてやることで、大差ない仕上がりになります。

今はバター風味のマーガリンなども出ていますから、お値段も手ごろで風味の良いこちらを使うのも一つの手です。

スポンサードリンク

干し芋を味噌汁に入れるとどう?

干し芋は、水分が抜けて味が凝縮されているさつまいもと考えてください。

味噌汁に入れると、その汁のうまみをたっぷり吸っておいしくなります。

だしをしっかり効かせた汁で煮込むのがポイント。

水で戻して使うよりもこちらの方が断然おいしく仕上がります。

食べやすいように、干し芋はダイス状ではなく、やや細く長く切って使いましょう。

甘みが強いので、味噌は赤みそなどの塩分が濃い目のものでもよく合いますよ。

まとめ

そのまま食べるだけが干し芋じゃない!

いろんな料理にさつまいも代わりに使うことで、新境地が開けます。

もう冷蔵庫の隅っこで眠ったままになることなんてありませんよ!

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿