干し芋の作り方!レンジ・ルクエ・オーブン編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋の代表的な味覚であるさつまいもを使った保存食、干し芋。
干し芋って、作るのは案外手間がかかるのです。
洗って、水につけて、蒸して、干して・・・。
どこかの工程をもっと楽にできないかしら、と思っちゃいますよね。
そこで登場、文明の利器の数々。
レンジ、ルクエ、そしてオーブンを使って、簡単に干し芋を作る方法を伝授しちゃいます。
さぁ、あなたのおうちにあるもので、レッツトライ!

スポンサードリンク

干し芋はレンジで作れる?

レンジには「蒸す」機能がありますよね。

蒸し器で蒸した芋を取り出すよりも、崩れにくくて簡単です。

皮をむいて、お好みの厚さにスライスし、水にしっかりさらしたさつまいも。

それを耐熱性の皿やボウルに重ならないように並べてレンジでチン。

ワット数によって違いますが、500wだと10分程度でしょうか。

ざるや網の上に取り出して並べ、日当たりが良く、風通しの良い所においておけば、2にちくらいで干し芋が出来上がります。

レンジだと、内側からしっかり水分が蒸発するので、しっかり乾燥した干し芋を作りたい場合には最適です。

ねっとりした半生にしたければ、厚めにスライスしてラップをかけ、レンジの時間ももう少し短くすると水分が抜けすぎません。

小さ目のさつまいもなら、皮をむいて丸ごとでもいいですね!

ルクエで干し芋ってどう?

ルクエもレンジと同じく、蒸し上手です。

ケースになっているので、耐熱性のお皿もラップも準備しなくて、これ1つでOKです。

ルクエのスチームケースにカットしたさつまいもを入れて、レンジで加熱します。

じっくり低いワット数で火を通す方が、甘みがぐんと増します。

ふたがあるので、あまり水分が逃げないのが特徴的です。

その分、歯ごたえのねっとりした干し芋が出来上がります。

ルクエで火を通したさつまいもは天日干しに。

ざるや網に並べて干しましょう。

動物や鳥の被害が気になる場合は、野菜干し用の網が売っているので、それに入れておくとしっかりガードされるので安心です。

または、オーブントースターで水分を飛ばすと言うのもアリ。

待たずに食べることができます。

スポンサードリンク

オーブンで干し芋は作れるのかな?

オーブンで一から干し芋を作るのはちょっと手間がかかりますが、その分甘くておいしいものが出来上がります。

皮をむいてしっかりと水にさらした丸のままのさつまいもを濡らしたキッチンペーパーで包み、さらにアルミホイルで包みます。

160度で90分ほど焼き、じっくりと火を通したさつまいもは甘みがかなり濃厚になっています。

粗熱を取ったらそのまま、またはカットして、今度は低温のオーブンで焼いて水分を飛ばします。

100度から110度の低温で50分ほど焼き、裏返してまた50分。

表面が乾いたようになれば大丈夫。

取り出さず、オーブンの中でそのまま冷えるまで待ちましょう。

やけどをすると大変ですからね!

これで、その日のうちに干し芋を食べることができます。

まとめ

昔は出来上がるまで何日も待つ必要があった干し芋ですが、家電を上手に使うことであっという間に仕上がってしまいます。

合わせ技をすると、さらに短時間でおいしく仕上げることができます。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿