大事な干し柿を守れ!防鳥・防虫・猫よけ対策一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


秋冬の農村のイメージ図の中に必ずと言っていいほど出てくる干し柿。

のどかな風景ですよね。

今はベランダに干して作ることも多いのですが・・・。

その干し柿ですが、意外にいろんなものから狙われるってご存知でしたか?

ベランダでも、軒下でも危険がいっぱいです。

にっくき鳥、虫、そして猫からよける方法を知っておいて、大事な干し柿を守りましょう!

スポンサードリンク

干し柿の防鳥はどうする?

干し柿は、最初はその渋さで全く狙われません。

危険は雨によるカビくらいです。

しかし、 だんだん甘くなってくると、鳥も分かるのです。

ヒヨドリやカラス、そしてスズメが狙いにやってきます。

一度そのおいしさを知ると、あっという間に食べつくしてしまいます。

防鳥のためにできることと言えば、やはり防鳥ネットを張る事でしょう。

これはネットショップなどにも普通に販売されています。


手近なもので何とかしたい、という場合には、網戸用のネットなどを使っても大丈夫です。

また、少量ならば魚や野菜を干したりする網の中に入れてもいいですね。

目が細かくなかったり、どこかが開いていたりすると、その隙間から狙いに来ますので、細かい目のものを使い、ネットは洗濯ばさみで止めたりして隙間をなくしましょう。


干し柿はどうやって防虫する?


干し柿は、甘くなる前でも虫が寄ってきます。

多いのはショウジョウバエ。

まだ温かいシーズンに干すと、干される過程でショウジョウバエがびっしり、なんていうことも。

ひどい時は全滅・・・。

食べられないことはないのですが、食べる前にものすごい量のショウジョウバエがついていた、と思うとちょっと引いてしまいますよね。

それを防ぐためには、鳥と同様、目の細かいネットをかけるのがベストです。

網戸用のネットを使うと、虫を防ぐことができます。


これは途中でやるより、最初からかけておくほうが安心です。

干すと同時に、網をきちんとかけ、隙間がないようにしておきましょう。

ハエは小さいのでどこからでも入り込みますよ~。

スポンサードリンク

干し柿のための猫よけは?

猫は干し柿なんて食べないだろう、と思っていませんか?



この動画のように、干し柿を喜んで食べる猫ちゃんって多いんです。

特にご主人が食べていると、同じものを食べたがります。

食事をたっぷりもらっている猫ちゃんでもそうですから、外で暮らしている野良猫ちゃんたちはなおさら。

いいものがぶら下がっている、と言わんばかりに狙いに来ます。

鳥や虫と違い、ネットをかけたらもう大丈夫、というわけではありません。

猫よけのためには、やはり周りに猫の忌避剤等をまくなどの対処が必要です。

犬猫まわれ右 粒剤 850g[犬猫忌避剤]

犬猫まわれ右 粒剤 850g[犬猫忌避剤]
価格:1,043円(税込、送料別)


ペットボトルなども良い、と言われますが、慣れてしまうと全然平気になります。

ちょっとお値段が上がりますが、キャットガードという猫よけのマシンもあります。

嫌がる音を出して、センサー内に入り込まないようにするもの。

大量に干しているのなら、何台かで囲むと効果は高くなります。

まとめ

ただなっていると誰も見向きもしない渋柿ですが、干すと甘くなるのは動物でも虫でもよく知っているのです。

油断せず、きちんと対策をしておき、おいしい干し柿が無事に出来上がるようにしておきましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿