干し柿の美味しい食べ方!そのまま&ペースト&スライス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

干した姿のまま丸ごと売られている干し柿。

水分が抜けてこじんまりしてはいますが、柿そのものですね。

その干し柿、皆さんはどうやって食べているでしょうか。

そのまま食べるのもいいですが、ペーストにしたり、スライスして食べたりといろいろありますよね。

食べ方によってどんなものが向いているのかまでちょっと検証してみました・・・。

干し柿はそのまま食べるのがいい?

一番オーソドックスな食べ方です。

柔らかいあんぽ柿は、冷蔵庫で冷やしたり、冷凍したり。

冷たい状態で食べると、ゼリーかシャーベットか、という感じで楽しめます。

しっかり干され、表面に白く糖が出た状態のものは、ドライフルーツと同様、少しずつ堪能していきますよね。

お酒のつまみとしても最高です。

アレンジとして、中にあんこやクリームチーズを詰めることも。

これは銘菓として売られていることも多いですね!

丸ごと食べると、手間もいらないし、食べ応えもあります。

しかし、思いのほかカロリーが高く、2個食べればお茶碗1杯分のごはんと同じカロリーになります。

油分は少ないですが、糖分はたっぷりなので食べ過ぎに気を付けてくださいね。

丸ごとアルコール漬けにしたり、甘酢に漬けてピクルスにすることもあります。

丸ごとでOKですが、ヘタだけは取ってくださいね。

干し柿のペーストってどう?

干し柿は、時間がたつと水分がどんどん抜けて固くなります。

冷蔵庫で保存していると、いつの間にか歯が立たないくらいの固さになっていることもあります。

そうなったら、丸ごとなんてとても食べられません。。

そこでお勧めなのが、ペーストにすることです。

そのままだと水分が抜けすぎて舌触りも悪いので、少し砂糖水で戻してからミキサーにかけましょう。

アルコールに漬けこんだものでも風味が強くなっておいしいです。

ペーストにしたものは、ジャムの代わりとして使えます。

クラッカーの上に乗せたり、パンに塗ったり。

ロシアンティーもどきにしても、秋の紅茶が楽しめます。

生クリームに混ぜて柿クリームを作ることもできます。

生の柿に比べて味が凝縮されているので、柿の風味と甘みが満載のおいしいクリームができます。

ケーキに塗ってもいいし、クッキーにサンドしてもよいですよ。

干し柿はスライスして食べる?

固くなった干し柿は戻してペーストに、というお話をしましたが、もちろんただスライスしても大丈夫。

丸ごとでは歯が立たないくらい固くなった干し柿もスライスすればちょうどいい歯ごたえとなります。

スライスしてチーズと盛り合わせれば ワインにぴったりのおつまみの出来上がり。

また、水分の多いサラダなどに混ぜ込むと、適度に水分を吸ってくれ、サラダはパリッとおいしく、干し柿はしっとり柔らかくなって、サラダがおいしくいただけます。

パスタを使ったサラダやポテトサラダがお勧め。

よくフルーツと合わせる水菜なども合います。

スライスしたものにちょっとブランデーやラム酒を振って、ラップをぴったりしておいておくと、即席の洋酒漬けもできますね。

洋酒だけでなく、日本酒でも。

まとめ

同じ干し柿ですが、形状で使い方がいろいろ変ります。

干し柿を3つ準備して全部にトライしてみても楽しいですよ。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿