大学芋でダイエットできる?カロリーは?お勧めレシピは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


食物繊維が豊富でビタミンCもたっぷり含まれているさつまいも。

その甘味の割にカロリーが低いのも魅力の1つです。

そのさつまいもを使ったお惣菜と言えば、大学芋。

最近ではコンビニで売っているものが大人気なんですよね!

その大学芋を食べながらダイエットがしたい。

そんな願いを持っている方のために、ダイエットができるのか、そのカロリーはどれくらいなのか。

そして、ダイエットのためのお勧めレシピはあるのか。

知りたい情報をこちらでみっちりリサーチです。

スポンサードリンク

大学芋でダイエットできる?

大学芋は、さつまいもを素揚げして、砂糖たっぷりの蜜を絡めたもの。

お惣菜というよりも、スイーツと呼んだ方がよいかもしれません。

その大学芋でダイエット何てできるのか?

これは、作り方によっては可能なんです。

焼き芋とほぼ同じカロリーになるように工夫をしていきましょう。

まず、 揚げなければカロリーは断然下がります。

揚げない大学芋の作り方は?そのコツは?人気レシピは?
http://for-full-life.com/archives/768
最近すっかりヘルシー志向。 こってりアゲアゲの大学芋が大好きだったけど、やっぱりカロリーのことを考えると、食べるのを躊躇しちゃいますよね。 それでも食べたい。 そんな人のためか、揚げない大学芋なるレシピが増えています。 さつ...

揚げないで焼く、揚げない大学芋の作り方を参考にしていきます。

切って水にさらし、その水気を切ったさつまいもに、少量のオイルをまぶします。

ダイエット中も、まったく油分がないというのは腹持ちも悪いし、お肌にもよくないので多少は取った方がよいのです。

そして蜜ですが、これも煮詰めて飴状にするのではなく、さらっとしたものにしましょう。

しっかりコーティングしてくれる飴だと、全体がきれいに砂糖におおわれてしまうため、カロリーが上がりやすくなります。

その点、さらっとしたものであれば、水分としてある程度吸い込んでくれます。

それをそのまま食べれば、飴のコーティングなしでも甘さがしっかりで、おいしくいただけます。

さらにカロリーカットをしたいなら、ダイエット甘味料を使いましょう。

また、甘みを引き立てるために少量のしょうゆを加えると、香ばしさも加わって甘さ控えめでも気になりません。

芋自体の甘みをアップさせるのもポイント。

手間はかかりますが、最初にじっくりと火を通しておきましょう。

低温でじっくり、が甘みを引き出すコツになります。

濡らしたクッキングペーパーで芋を包み、さらにアルミホイルで包みます。

それからオーブンを160度に熱し、1時間半。

これで最大限に甘みを引き出すことができるのです♪

スポンサードリンク

大学芋のカロリーって?

大学芋は、使う糖類や分量によってかなり変わってきます。

市販品の表示を見ると、同じ100gでもそのカロリーは40kcalも差がつくこともあります。

大体、さつまいもを乱切りにすると1切れが15~20gとなるのですが、100gで40違うとやはりその差は大きいですよね。

シンプルに砂糖と水だけで絡めたものが一番カロリーが低く、洋風に生クリームを加えたキャラメル、バターなどを加えたものになると高くなります。

また、小さく切れば切るほど、コーティングされる分が増えるので、大振りにカットしておく方が、同じ量を食べたとしてもカロリーが低くなるので覚えておきましょう。

ダイエット用大学芋のお勧めレシピは?

ダイエットに効果がある大学芋のレシピの条件としては

1.揚げていないこと

2.蜜が低カロリーであること


が挙げられます。

そこでお勧めのレシピとしては、 焼き芋で作った揚げない大学芋です。

じっくり火を通した焼き芋を少し大きめにカットし、ごく少量の油で焼きます。

ごま油を使うと香ばしいので、油分が少なくても満足度が上がります。

オリーブオイルでもOKです。

そして、そのフライパンにそのまま熱湯と砂糖同分量を入れ、さっと絡めます。

強火で手早くすると、早く煮詰まって固まります。

出来上がったらクッキングペーパーの上に広げて冷まし、黒ゴマをふります。

これで低カロリーの大学芋が出来上がります。

食べる時は、よく噛まないと食べられないように、冷凍していただくといいですよ。

たくさん作って冷凍保存しておきましょう。

まとめ

カロリーが高いと敬遠しがちな大学芋ですが、もとはさつまいも。

アレンジ次第でいくらでもヘルシーになり、ダイエットの味方に変身します!

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿