大学芋を作るなら無水鍋?ノンフライヤー?ヘルシオ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学芋を作るなら無水鍋?ノンフライヤー?ヘルシオ?
さつまいもを使ったお惣菜、大学芋。

秋になり、さつまいもがたくさん出回るようになるとついつい食卓に登場させたくなります。

この大学芋には本当にいろいろなレシピがあり、把握しきれないくらいです。

昔は揚げて作るのが定番でしたが、今は調理器具の進化がすごくて、作るための器具の選択肢が山盛り。

そして、それぞれの大学芋に特徴があるんですね。

ここでは、そのニューカマーたちで作る大学芋についてちょっと情報を仕入れていただきたいと思います。

無水鍋、ノンフライヤー、ヘルシオ。

どんな作り方でどんな大学芋が出来るのでしょうか・・・。

スポンサードリンク

大学芋を作るなら無水鍋?

無水鍋は、アルミ製の超厚手の鍋。

基本的に 食材に含まれている水分のみで調理をするので、素材のうまみを逃がさずに調理できる、というのが特徴です。

大きな鍋に小さな鍋でふたをする、という感じのもので、両方とも調理に使えるタイプ。

難点は通常のふたのようにつまみがないのと、熱くなるので素手では絶対持てないことでしょうか。

揚げ物も、鉄の3倍の熱伝導、かつ温度の低下がゆるやかなので、少量の油でからっと揚がります。

通常の半分くらいの量の油で大丈夫なので、油の処理が楽です。

さつまいもを一口大に切り、水につけてあく抜きをし、しっかり水分を拭き取ってから揚げます。

そしてふたの部分である浅い鍋にあめの材料を入れて火を通します。

材料は砂糖、しょうゆ、水、酢などです。

これらを糸が引くくらいまで煮詰めます。

この時、箸などでかき混ぜず、鍋を軽くゆするようにしてください。

空気を入れない方がきれいに仕上がります。

揚げたさつまいもにあめを絡めて、くっつかないように油を塗ったバットやオーブンペーパーの上に広げます。

そのまま、少し冷やしたら出来上がり。

カリカリに仕上がりますよ♪

大学芋はノンフライヤーで?

ノンフライヤーは、最近家電売り場でよく見かけるアレです。

熱と空気を対流させることで、 油がなくても揚げ物が出来てしまうというスグレモノ

オランダから上陸したものです。

食材自体の油分を利用して揚げ物に仕上げるのだそう。

同時に食材表面の水分を減らすので、サクサクの食感もばっちり。

大学芋は好きだけど、揚げているから・・・と敬遠している女子にもぴったりですね。

ノンフライヤーで作る場合も、最初の手順は同じ。

さつまいもを一口大に切り、水でさらします。

そして水気を拭き取ったら、サラダ油やオリーブオイルなどの油をほんの少量なじませます。

さつまいも1本で小さじ1程度で十分。

ノンオイルフライヤーの温度をセットし、さつまいもを入れます。

均等に火を通すため、何度かトング等を使って芋を動かしましょう。

上下の入れ替え程度で十分です。

カラッと揚がったら取り出し、熱いうちにあめを絡ませます。

せっかくノンフライヤーで洗い物が少ないのに、と思う場合は、はちみつを絡めてもOK。

また、市販の大学芋のたれをつかってもよいですよ。

ヘルシーな大学芋の完成です。

スポンサードリンク

ヘルシオで作った大学芋は?

ヘルシオは一世を風靡したウォーターオーブン。

高温の過熱水蒸気を使って調理をするので、無水鍋やノンフライヤーと同様、 食材に含まれる油だけでカラッと揚がるのです。

調理方法は、ノンフライヤーと似ています。

さつまいもを切って水にさらし、水気を切ったら油分を絡めます。

オーブンの角皿にオーブンペーパーを敷き、重ならないように並べてから加熱。

フライドポテトの要領で作るので、メニュー番号でチョイスすると簡単です。

これも手間なしなので、市販の大学芋のたれやはちみつ、メープルシロップなどを絡めていただきます。

途中でひっくり返す手間は要らないので、最初に並べてしまえばあとはおまかせです。

まとめ

どれも手間が少なくておいしく仕上がります。

たれはお好みで、市販品、はちみつ、自家製と、あれこれ変えると楽しめます。

ただ砂糖を絡めただけでもおいしいですよ!

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿