ロールキャベツの肉の種類。合い挽きは?牛ひき肉は?鶏ひき肉は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



お肉をキャベツでくるくると巻いて煮込んだ料理、ロールキャベツ。

野菜とお肉が一度に取れる理想的な一品ですね。

最近では、草食系に見えて肉食系の男子をロールキャベツ男子とも言うそうですが、言いえて妙ですね♪

どちらも堪能できるお得感が満載です(笑)

さて、そのロールキャベツの中身ですが・・・。

一般的にはハンバーグと同様、ひき肉が使われます。

でもそのひき肉にも、スーパーで手に入るものだけでも鶏、豚、牛とありますね。

ハンバーグなら合い挽き肉が一番オーソドックスに思えますが、野菜と組み合わさった場合はいったいどれがどんなふうになるのでしょうか。

見た目や食感だけでなく、ぴったりの味付けなんかも知っておくと作る時、お肉をどれにするか決めやすいですよ!

スポンサードリンク

ロールキャベツを作るなら合い挽き肉?

豚と牛のうまみを両方堪能できる、しかもお値段もお手頃な主婦の味方、合い挽き肉。

ロールキャベツのレシピの中でも、これを使ったレシピが一番多いようですね。

割合にもよりますが、豚が多いと少し白っぽく、口当たりがよく仕上がります。

牛が多いと黒っぽく、弾力があって食べ応えのあるものに仕上がります。

お好みで割合を変えるとよいでしょう。

いいとこどりが出来るので、煮込んでも固くなり過ぎないし、コクもうまみもしっかりあります。

どんな味付けにもよく合いますので、悩んでいる時は合い挽き肉を、という感じ。

それも、豚ひき肉と牛ひき肉を買って来て、自分で混ぜて合い挽きにするのが一番おいしいです。

お値段ではなく、うまみ優先にするならぜひこの方法を。

デメリットは、安い部位を使っていることが多いので、脂だらけの場合もあることです。

煮込んでいる間に脂が出て、スープがギトギトになってしまうこともあります。

気になる場合は、軽く煮込んで火を止め、冷えて浮いてきた脂を取り除くとよいですよ。

または、お肉を半分にしてご飯を入れて作るロールキャベツがお勧め。

ご飯がうまみと脂を適度に吸い込んでおいしくなってくれます。

コストも下がって、ボリュームはアップするので、食べ盛りのお子さんがいるご家庭の主婦の方はこれにトライしてみることをお勧めします。

ドリア風に、その上からホワイトソースをかけて焼いてもいいですよ。

スポンサードリンク

ロールキャベツには牛ひき肉かな?

牛ひき肉は、そのうまみが濃厚で、水分が少な目。

ひき肉の中ではまとめやすいタイプです。

ただ、その分水分が抜けてパサつきやすいのが難点です。

洋風の味付けが3種類の中でも一番合うと言われるひき肉です。

牛肉をしっかり煮たスープは、お母さんの味、とも言われるようです。

コンソメにしてもうまみがたっぷり、和風にしてもおでんのようなうまみが出ます。

洋風にトマトやホワイトソース、デミグラスソース等を添えても、それに負けない肉の味があります。

その分、お肉が古かったりすると味やにおいが気になります。

ナツメグやパプリカ、そして煮る時にはローリエを入れておくと、気になる香りが和らぎます。

コンソメで煮込んでおいて、別にデミグラスソースを添えてもおいしいです。

鶏ひき肉で作るロールキャベツってどう?

鶏肉を見てもらうと分かると思うのですが、色が薄いです。

火を通すと白くなり、味は他のひき肉に比べるとやや淡泊。

脂も少なく、ヘルシーに仕上がります。

おでんに使うロールキャベツの中身は鶏ひき肉が断然お勧めです。

コンソメで煮ると、やや淡泊すぎるので、トマト味やデミグラスソースなど濃い目の味付けにしましょう。

でも、一番しっくりくるのはやはり和風。

だしを効かせたスープでじっくり煮込んであげて、大根おろしを添えたりして和風ハンバーグ風にいただくとよいですね。

大葉やねぎなどの薬味もとてもよく合います。

煮込みすぎるとぱさぱさになるので、何日も煮込むつもりであれば、鶏ひき肉は避けた方が無難。

むしろ、キャベツに伸ばして、新田巻のように作る方がパサパサ感も気にならず、おいしくいただけます。

まとめ

同じひき肉でも、その素材によって味や食感、お勧めの味付けなどがあれこれ変わってきます。

全部を混ぜても作れますので、ロールキャベツに一番ぴったりの配合を求めて試行錯誤してみるのも楽しいかもしれませんね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿