残暑見舞いはいつまで出せる?時候の挨拶と文末はどうする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月と言えば、まだまだ夏真っ盛り。でも、初旬には立秋があり、暦の上では秋となります。

ちょうどこのころにはお盆などの長期休暇も関係して少し時間ができるので、お世話になった人にご挨拶を・・・となります。

その際に活用するのが残暑見舞いになります。

45646
しかし、いざ書こうとなると、あれ、内容はどうだったかな、これはいつまでに出したらよかったのかな、となってしまいがちです。

出す時期を逃してしまわないように、また、喜んで受け取っていただけるように、しっかりとマナーの確認をしましょう。

スポンサードリンク

残暑見舞いはいつまで出せる?

夏の挨拶文には、残暑見舞いの他に暑中見舞いがあります。
暑中、つまり夏真っ盛りという意味ですが、こちらはちょうど七夕の頃から立秋までの期間に出すものです。

残暑見舞いはその後になって出すもので、 二十四節気の「立秋」(8月初旬)から「白露」(9月初旬)とされております。

8月を過ぎても大丈夫ではありますが、やはり、ぎりぎりに出すよりは早いに越したことはありません。

残暑見舞いをいただいて返事を返す場合も、できれば8月末までにした方がよいでしょう。

また、この時期にはちょうどお中元を贈ったり、受け取ったりすることも多くなりますので、お中元をいただいたお礼状として、残暑見舞いを出すこともあります。

もし、残暑見舞いを出したのちにお中元が届いても、先に近況報告を済ませてしまっているため、新たにお礼状を送る必要はありません。気になるならば電話等でお礼を言えば大丈夫です。

残暑見舞いの時候の挨拶は?

ごくシンプルなものは「残暑お見舞い申し上げます」から始まるものです。

残暑自体が季語ですので、これだけで十分時候の挨拶となっています。

しかし、さらに丁寧に書き添えるならば、はがきを出す時期の挨拶を。

例えば、会社やお世話になった方に出す場合には「残暑の候」「残暑厳しき折」や「朝夕涼味を覚える頃」などが一般的に使われます。

「残暑の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます」

などになります。

友人知人に送る際にはもう少し柔らかく「厳しい暑さが続いておりますが」や「立秋とは名ばかりの猛暑が続いております」などになります。

例文としては

「厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか」



「暦の上では秋ですが、まだまだ暑さが厳しいですね」

となります。

ただ、あくまでも残暑見舞いは季節の挨拶です。

まだ暑いのに9月末だから、ということで「涼しくなってきました」などはNGです。

その時の気候に合わせて言葉を選ぶと「あれ?」という内容になりません。

スポンサードリンク

残暑見舞いの文末はどうする?

暑中見舞いの文末は「○○年盛夏」となりますが、 残暑見舞いの方は「○○年晩夏」となります。

しかし、最近では最後をあいさつ文でしめることも増えています。

会社やお世話になった方向けには

「○○様の一層のご活躍を心よりお祈り申し上げます」



「残暑厳しき折、くれぐれもご自愛ください」

などが一般的に使われます。

友人知人は時候の挨拶と同様にもう少しくだけた感じで

「まだまだ暑さが厳しいので、体調を崩されませんようお過ごしください」



「時節柄、お体ご自愛くださいね」

また

「ご家族のご健康をお祈りいたしております」

などがよく使われます。

まとめ

残暑見舞いは、友人知人向け、そして会社やお世話になった人向けなど、書き方がいくつかありますので、知っておくと慌てることがありませんね^^

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿