初盆のお供えにお返しは必要?品物と金額はどうすれば良い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

親しい人が亡くなるのは本当に辛いことです。
ですが、落ち込んでばかりもいられません。


人が亡くなってから初めて迎えるお盆を初盆(ういぼん)といいます。


頻繁に行われる、というものでもないので、自分の所で初盆がある際には、戸惑ってしまうことも多いでしょう。

何事も滞りなく行えるよう、前もって初盆でお供えをいただいた時の対応について学んでおきましょう。

スポンサードリンク

初盆のお供えにお返しは必要?

初盆のお供えにお返しは必要?品物と金額はどうすれば良い?
そもそも初盆のお供えにお返しが必要なのか、という話なのですが・・・。

本来初盆の際には親族が集まりますよね。

そしてお経上げをした後に食事会があり、それがお返しになります。

しかし、お供えのみをいただくこともあれば、ご近所の方がお参りに来てくださることもあると思います。

その対応用として、返礼品を前もってある程度の数準備しておき、
その場でお渡しするというのが一般的です。


思いのほか高額のものをいただいた、という場合には、
後日「粗供養」や「初盆志」のように、
のしを付けて品物をお送りしても失礼には当たりません。

初盆のお供えにお返しは必要?品物と金額はどうすれば良い?

そもそも初盆のお供えは、故人のご供養のために気持ちとして寄せられるものです。

お返しがなくてもあれこれ言う人はほぼないと思われますが、今後のお付き合いのことも考えると、きちんとお返しをしておく方が安心ですね。

お盆のお供えのお返しの金額は?


初盆にお供えとしていただいたものの金額の3分の1から半分をお返しするのが一般的です。

お供えとしていただく金額は、一般的なマナーとして言われているのは、親戚ならば1~2万円、友人・知人ならば5000~1万円です。

ご近所の方や地区、班などでは、一律3000円と決めているような所もあります。

これらの金額を目安にお返しを何種類が準備しておくと安心です。


前もって準備しておく返礼品は、500円から1000円程度のものが多くなっています。


初盆にお参りに来てお供えをいただいた方には、すべてこれ対応する、という方法もあります。

スポンサードリンク

初盆のお供えのお返し、品物は何が好まれる?


返礼品の中身でいうと、

・ペットボトルのお茶とお茶菓子
・不祝儀の際にも使われるハンドタオルやハンカチ
・お茶、実用的な石鹸や洗剤


などがごく一般的なものです。

もう少し金額が上になると、夏場ですので、アイスコーヒーや素麺のセット、水ようかんやゼリーなどの詰め合わせ等が日持ちもするので好まれます。

これらを準備する際に、特にここで、というお店などが思いつかなければ、葬儀を担当した葬儀屋さんに相談してみるとよいでしょう。

葬儀屋さんにもよりますが、使った分だけ後払い、という手配をしてくれるところもありますので、準備しすぎちゃった・・ということもありません。

まとめ


初盆は準備することも多く、何かとあわただしいもの。

しまった!

ということがあっても、後日の対応まで知っておくことで、当日青くならずに済みます。

備えあれば憂いなし、です。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿