ハロウィンのキャラ弁でジャックやおばけ、ミイラを作りたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



イベント自体はたった一日でも、そのイベントにいたるまでの数週間は案外楽しめるものです。

ハロウィンもそう。

1ヶ月ぐらい前から町がハロウィンっぽく変わっていきますね。

同じく、お弁当もぜひハロウィン仕様にしてしまいましょう。

いろんなキャラで弁当を作ることができれば、かなり楽しめますね!

でも、かわいいだけのお弁当じゃ物足りない。

それなら、ちょっとホラー寄りテイストのキャラ弁はどうでしょうか。

ガイコツキャラのジャック、そしていろんなおばけたち、ミイラ・・・。

ちょっとだけ毒のあるものにしてみるというのもお勧めですよ。

作り方を覚えておきましょう。

スポンサードリンク

ハロウィンのキャラ弁、ジャックはどう作る?

ディズニーのキャラクターの中でも異色のガイコツ、ナイトメアのジャック

土台が白なので、おにぎりで表現しやすいお勧めキャラです。

必要なのは、ごはんとノリ、そしてクッキングペーパー。

まず、自分が作りたいジャックの顔をネットや雑誌から見つけ、プリント

絵が得意な人は描いてもOKです。

そして、その線をマジックでしっかり太くしてラインどりをします。

その上にクッキングペーパーを乗せ、トレース。

パーツごとに切り分けて、それをノリの上に乗せてカッターで切る。

または、ハサミを使ってカットします。

丸く握ったおにぎりの上にパーツで顔を作ったらジャックの出来上がり。

IMG_1111
このノリのカッティング方法を覚えておけば、土台がチーズになってもハムになっても大丈夫。

色はちょっと違うけど、オムライスの上にジャックを作ってもいいですね!

また、ホットケーキの上にチョコペンで顔を書いてもGOOD

ちょっと大変だけれど、色の違う生地を作って、低温の間にその生地でジャックの顔を作り、軽く火を通したらその上から普通の生地を流して焼きます。

そうしたら、とってもきれいでおいしいジャックが出来上がりますよ。

ハロウィンキャラ弁、おばけは?

ハロウィンのおばけはいろいろ。

でも、一番作りやすいのはやはり白くふわふわ飛んでいるあのゴーストでしょう。


おにぎりで作るなら、ラップにくるんだご飯にしっぽ(ホントは足?)を作ることからスタートです。

お弁当箱の中に入れたら、やっぱり顔作りはノリです(笑)

ちょっと怖いものに仕上げるため、 顔はジャックオーランタンのようなとんがり目にギザギザの口にしましょう。

または、楕円を使ってムンクのようにするのもよいですね。

メインのおかずではなく、ちょっとした飾りにするのにも簡単ですから、チーズやはんぺんなど、白系のものを小さ目のおばけ型にしてもいいでしょう。

大根スライス、うずらの卵なんかでもできちゃいますよ~。

また、ウインナーで日本の提灯お化けのようなものも作れます。

ウインナー自体をじゃばらに切り、途中にハムなどで長い舌を作って挟み込み、上にはチーズとノリで作った一つ目をくっつけます。

色の薄いウインナーで作ると不思議と洋風お化けっぽく仕上がります。

ちょっと違うものがいい、という場合は、きゅうりを活用。

キュウリを縦にカットし、表面が長方形になるようにします。

そこを顔に見立て、ノリで頭と傷を作れば、あっという間にフランケンに変身です。

目は、三角にカットしたノリでつけると簡単だし、ちょっと怖く仕上がります。

マンガっぽく仕上げる場合は、半円形に切ったチーズの上に、同じく半円形にカットしたノリを乗せ、上に平らな部分が来るように乗せます。

きゅうりの水分はある程度ふき取ってから使わないとノリやチーズがふやけて表情が崩れてしまいますので、そこだけしっかりと。

頭に刺さったボルトは、つまようじで代用すると本格的な仕上がりに!

スポンサードリンク

ハロウィンのキャラ弁、ミイラを作るなら?

西洋の怖いおばけの代表で、しかもキャラ弁にしやすい、といえばミイラ。

このミイラは、小さなおかずにすると良いアクセントになります。

メインにするならば、包帯はチーズで作るといいですね。

少し手間はかかりますが、かにかまやかまぼこの白い部分でも大丈夫。

おにぎりを丸く握り、上半分は斜めに包帯を巻き、下半分はまっすぐ横に。

三角に顔が出るようにします。

顔の表情はノリを活用してください。

目をにんじんなどで赤くしてみてもいいですね。

また、白地に黒を乗せた本物の目っぽくするのもお勧めです。

そして、 ミイラにするのに最適なおかずがウインナーです。

形も長さもとても扱いやすいです。

お弁当用のミニサイズに細長く切ったチーズをぐるぐる巻きつけるだけの簡単アレンジ。

巻いた後に火を通すのなら、ワンタンの皮をぐるぐるにしてもいいですね。

また、少し固めに仕上げたホットケーキ生地をウインナーに巻いてオーブンで焼き、ミイラ風のウインナーロールというのもできます。

コツは、生地を細目にして隙間を作りながら巻くこと。

焼くと膨らんで全部くっつくので、細く、隙間は大きく、がポイントです。

IMG_1109

まとめ

可愛いばかりがハロウィンのキャラ弁じゃないぞ!

ちょっとスパイシーなものを取り入れてみると、一味違ったものが出来上がり、みんなの注目の的になっちゃうかも。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿