ジャーマンポテトの簡単な作り方はレンジ?オーブン?炊飯器?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンソメポテチと大体同じ味!ジャーマンポテト風の何か50円
コンソメポテチと大体同じ味!ジャーマンポテト風の何か50円 posted by (C)ドクロバニー

秋の味覚で芋といえばさつまいものイメージが強いですが、じゃがいもも忘れてはいけません。

さつまいもよりも甘味が少なく、低カロリーなのでお料理にも使いやすい、旬の食材です。

そのじゃがいもを使った料理の中で、ビールにも良く合うとして人気が高く、いろんなレシピが出ているのが「ジャーマンポテト」です。

肉じゃがやカレーに比べて短時間で、しかも少ない材料でできるため、居酒屋などでもよく見かけます。

しかし、作り方と言えばフライパンが登場しますね。コンロとフライパンがないとできないな・・・と諦めないで大丈夫!

ここでは、レンジやオーブン、炊飯器など、フライパン以外で作る作り方をお伝えします。

ガスコンロやIHコンロはないけれど炊飯器を持っている人、オーブン機能の付いたレンジを持っている人は必見です。

どれも脂が少なくて済むので、カロリーオフも期待できますよ。

スポンサードリンク

ジャーマンポテトをレンジで作るには?

レンジイコール温めだから、煮る、蒸すしかできないのではないかと思っていませんか。

実はレンジでも「焼く」に近い状態にすることは可能なのです。

まず、ジャーマンポテトに欠かせないカリカリベーコンは、むしろレンジの方が簡単。

キッチンペーパーの間にカットしたベーコンをはさんでチンするだけで、油もうまい具合に吸い取ったせんべい状態のカリカリベーコンが出来上がります。

じゃがいもは、皮つきのままラップにくるんでレンジしてカットしてもよいし、カットしてからシリコン鍋、または耐熱性のポリ袋などに入れてレンジしてもOKです。

じゃがいもと玉ねぎなどを全部まとめて耐熱性のボウルに入れてチンして、最後にバターと粒マスタード、塩コショウを混ぜ合わせ、カリカリベーコンを乗せれば、フライパンなしでもおいしいジャーマンポテトが出来上がります。

ジャーマンポテトをオーブンで作るには?

オーブンのみでジャーマンポテトを作るのはとっても簡単。

天板にアルミホイルを敷き、その上に皮付きのままカットしたじゃがいも、スライスした玉ねぎ、そしてウインナやベーコンを重ならないように乗せて焼くだけです!

ウインナやベーコンが先に焼けすぎそうなときはそこにアルミホイルをかぶせて調整してください。

じっくり火を通したほくほくのじゃがいもは、フライパンで炒めるのとはまた違った味わいです。

じゃがいもを小さ目にカットすると火も通りやすいです。

上にチーズをのせてアレンジするのもオーブンではお勧めです。

スポンサードリンク

ジャーマンポテトを炊飯器で作るには?

炊飯器でご飯を炊くだけではもったいない!

いろんなお料理ができるとして、本も出されているくらいです。

もちろん、ジャーマンポテトも炊飯器で作ることができます。

じゃがいもやベーコン、玉ねぎなど使いたい食材を一口大にすべてカットし、炊飯器の釜の中に入れてスタンバイ。

バターを上に乗せ、塩コショウなどをしたら、そのまま早炊きで炊飯します。

早炊き機能がなければ、もちろん普通の炊飯で大丈夫ですが、早炊きの方が当然早く出来上がります。

炊き上がったらざっと混ぜてバターをいきわたらせてからお皿に盛って完成です。

大きさをそろえておくことで、均等に火が通って、おいしいジャーマンポテトを仕上がることができます。

まとめ

どれもフライパンで作るのとそん色ない仕上がりです。さあ、あなたはどれで作りますか?

関連ページ:ジャーマンポテトの簡単な作り方は?アレンジは?保存方法は?

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿