夏休みの自由研究のアイデアはどうする?小学生向けのイベントを利用!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏休みの自由研究のアイデアはどうする?小学生向けのイベントを利用!
夏と言えば、小学生にとっては夏休みが最も大きな存在かもしれませんね。
ですが、それと同時に、自由研究という大きな課題も出てきます。

小学生にとって自由研究というのはもっとも厄介な宿題・・・と思われるかもしれませんが、大人からしてみると「好きな事を宿題にできる」ということで、うらやましい宿題になるのではないでしょうか。

子どものころは苦痛でも、今思うと、有意義な宿題だったな・・・と思う人もいるのではないでしょうか。
自由研究は義務感に駆られてやってしまうと「苦痛」になってしまいますが、「好きなもの」を研究できるようになれば、とても楽しい宿題になります。

ここでは自由研究をやりたくなるようなイベントを含め紹介していきます。

スポンサードリンク

夏休みの自由研究は小学生にとってとても貴重


小学生の宿題は基本的に「与えられるもの」ですが、自由研究はそうではありません。

このことから自由研究は、子どもの自発性を育てていくには非常に適している宿題です。

「疑問に思う」ことの練習にもなり、研究をするための基本的なプロセス、計画性など学べることはとても多いです。

どうしても面倒くさいものになりがちですが、子どもにとって本当にやってみたいこと、好きな事を見つける大きなチャンスでもあります。

立派なものを作る、研究しようとするのではなく、子どもの好きなものを見つける、勉強をする楽しさを知るためのきっかけ作りこそ、自由研究の目的と言ってしまっても良いかもしれません。

小学生のお子さんを持っている親御さんは、是非自由研究を有意義なものにしていけるようサポートしてあげてください。

スポンサードリンク

夏休みの自由研究のアイデアは夏にこだわらなくても良い

夏休みの自由研究と言うと、夏休みということで、どうしても「夏」にこだわってしまいがちです。

ですが、季節はあまり関係ないでしょう。単純に「夏」にしかできないことを多くやることが、貴重な体験につながることが多いからと言えます。

子どもが自分でやりたいことや、勉強してみたいことを見つけることができたら、「夏」を気にせず、挑戦してみるべきですね。

時には季節的に不可能なものもあるかもしれませんが、それを「夏」に行なうためにはどうすれば良いかを考えることが、自由研究になる可能性もあります。

ゲーム、おもちゃなど普段は勉強とは関係ないものでも、発想によっては立派な自由研究になる可能性はあります。
大切なのは、子どもが本気で取り組もうと思えるかどうかですね。

夏休みの自由研究に活かせるイベントは多い

そうは言っても、アイデアが生まれてこないという人もいると思います。

そんな人は是非、夏休みのイベント、自由研究のイベントを利用してみてください。

キャンプや花火大会など夏真っ盛りのイベントもアイデアの宝庫です。

また、自由研究に特化したイベントも多く開催されています。

科学体験、自然体験、職業体験など、非常に豊富な種類があるので、探してみると良いですね。

博物館や、水族館など展示施設、博覧会などもアイデアの宝庫です。

警備会社で有名なアルソックなどは、小学生を対象とした体験学習を開催していることが多いようです。

このように他にも、企業や団体による小学生向けのイベントは豊富にあります。

まとめ

興味や、好奇心をばねにして勉強にしていくのが自由研究です。

自由研究によって学べることは多くあり、これが将来の夢などにつながっていくこともあるかもしれませんね。

難しいことを研究することも当然良いですが、純粋に子どもが気になることを研究にすることもまた面白いものです。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿