牛乳パック工作の簡単おもちゃは?接着方法と色塗りの方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

070645

おうちで牛乳を飲む人がいると、どうしても増えてくる牛乳パック。

牛乳パック工作も静かなブームですし、何かわが子におもちゃが作れたら・・・とトライする親御さんは実は多いのです。

牛乳パックで簡単に作ることができるおもちゃはたくさんあります!

が、接着や色つけなど、その素材ゆえの難しい点もいくつかあります。

前もってそこを押さえておけば、夏休みやお盆休みの間に、とても手軽にお子さんが喜ぶおもちゃを作ることができちゃいます。

わが子だけではなく、お休みの間に親戚の子などが遊びに来てもきっと大人気ですよ!

スポンサードリンク

牛乳パック工作の簡単おもちゃは?


牛乳パックの形を生かしたおもちゃといえば、やはり積み木です。

切り開いてさいころ型に組み立てるか、同じくらいのサイズに切ったものを組み合わせて作ります。

中に新聞紙を詰めたりすると丈夫になりますが、膨らんでしまい、積み木をするときにうまくいかないことがあるので、壊れるもの、と割り切って中身は詰めない方が子どもが遊びやすいです。

また、牛乳パックをそのまま使った車なども簡単です。

牛乳パックの一面をカットし、上に。

そして下になる部分にストローが通せる穴を開け、そこに両端にタイヤ状に丸く切った牛乳パックをさして完成です!

振って遊べるマラカスなども小さいお子さんには人気。

500mlパックにビーズ等を入れて閉じるだけで簡単に作れてしまいます。


また、牛乳パックをそのまま輪切りにして輪投げも作ることができます。

牛乳パック工作の接着方法は?


切るだけのものはよいのですが、壊れにくいものにしようと思えばやはり接着はしておきたいものです。

防水加工がされていますので、普通の糊ではちょっとくっつきにくくなっていますので、木工用ボンドや、ゴムのりを使う人が多いです。


口に入っても安心にしたい、と言うのであれば、昔ながらのお米を煮詰めたものをどうぞ。

また、接着しやすくなる一工夫として、接着したい面の一番表面の加工されている部分をはぎ取ってやるとよいです。

カッター等で簡単にはがすことができます。

一緒に色つけまでできて楽なのは、色付きの防水タイプのガムテープです。

テープ自体が丈夫なので、補強にもなります。太めのマスキングテープなどでも同じように貼り付けることができます。

スポンサードリンク

牛乳パック工作の色塗りはどうする?


牛乳パックは表面と内側がロウで加工されていますので、普通に絵の具などで塗るとベタベタして遊ぶことができません。

ですので、色つけは塗るよりも貼る方がベターです。

接着の際に、カラーテープマスキングテープを使うと、接着して補強しながら色つけもできるので便利です。

もっとカラフルにと思えば、やはり色紙包装紙です。

これも接着同様、表面のコーティングされた面をはがして全面に糊やボンドを塗り、貼り付けます。

その後しっかり乾かして出来上がりです!


また、フェルトや布などを貼って色つけをすると、口に入っても安心です。

これも木工用ボンドを薄めたものを全面に塗り、貼り付けてよく乾かしましょう。

紙も布もですが、貼る時に少し引っ張り気味にしておくと、乾いた時にしわになりにくいです。

また、布と紙を組み合わせるときは、紙を貼った上から布で模様を入れるとうまくいきます。

まとめ


お子さんに作ってあげるのもいいですが、親子で一緒に作って楽しむのもオススメです^^

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿