日本で一番すごい七夕祭りは仙台?平塚や安城もとても有名

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本で一番すごい七夕祭りは仙台?平塚や安城もとても有名
七夕祭りは夏の風物詩とも言え、日本の恒例の行事になっています。

伝統行事になっているものもあり、日本にとって馴染みの深い行事ですね。

親子で一緒に行くのが習慣になっている人も少なくないのではないでしょうか。

日本では宮城の仙台、神奈川の平塚、愛知の安城の七夕祭りが三大七夕祭りと言われ、とても大きな賑わいを見せます。

七夕祭りの背景を知れば、日本の誇る恒例行事であることをより理解できると思います。

地域の人や、地元の人でも意外と知らないことが多いのも日本の恒例行事の一面と言えるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

日本一と言われる仙台の七夕祭り


日本一の七夕祭りと言われるのが仙台の仙台七夕です。

仙台七夕は伊達政宗と密接な関係がある恒例行事であり、豪華で華やかな七夕祭りとして大きな知名度を誇っています。

旧暦の七夕に合わせて、8月の初旬に行なわれ、非常に多くの人が足を運ぶことになります。

七夕祭りであると同時に、大きな夏祭りとしての一面も持っており、夏を感じる、夏の本格的な訪れを感じることができる風物詩にもなっています。

イベントなども豊富に揃えられており、どの世代でも楽しんでいけるのも魅力的です。

仙台というと観光スポットも多くあり、宿泊施設なんかも多数揃っています。

そのため観光のお客さんが足を運んでいくことも多く、旅行者によって賑わいを見せることも少なくありません。

そして何と言っても、七夕の花火祭りがあり、15000発を超える豪華な花火が仙台の夜空をキレイに染めてくれることになります。

夏休みの旅行で足を運ぶのも良いですね。

日本一の七夕と言われるだけあって、やはり豪華かつ、七夕の神秘さ、伝統を含んでいる由緒あるお祭りになっていますね。

スポンサードリンク

戦後復興の意味も込められている平塚の七夕祭り


日本の中で仙台に次ぐと言われる七夕祭りに平塚の湘南ひらつか七夕まつりがあります。

この七夕祭りは戦後の商業を復興させるための手段として始められた歴史があり、2015年で65回目となります。

七夕祭りとしての側面も当然持っていますが、にぎやかさ 祭りとしてのイベントに力を入れている傾向があります。

流行を取り入れたり、スポーツ選手を招いたりなど話題性で言えば、仙台の七夕祭り以上の賑わいを見せていくことも当然あります。

にぎやかな祭りが好きな人にとってはとても馴染みの深いお祭りと言えますね。

地元の人は当然、やはり観光で足を運んでいく人も多く、湘南ひらつか七夕まつりの時期には地域がより一層にぎやかになります。

3番目と言えば安城の七夕祭り

日本の七夕祭りと言えば、仙台、平塚とイメージする人は多いですが、競争率が高いのがこの3番目です。

3番目の七夕祭りとして挙げられることが多いのが愛知県の安城七夕まつりです。

七夕らしさと、お祭りとしての楽しさがバランスよく融合しているイベントであり、市民参加を促進しているお祭りとなります。

この安城の七夕祭りも、湘南ひらつか七夕まつりと同じように戦後の復興を兼ねたイベントであったという歴史があります。

市民が中心となってつくりあげ、今現在の歴史のあるイベントとなっていきました。

イベントが盛りだくさんであり、若い人向けのものも多くあるため若い人で盛り上がることも多々見られます。

お祭りとしての歴史は深いので、高齢者でも楽しめ、家族揃って足を運べる七夕祭りとなっていますね。

この七夕祭り独自の目的である「願い事、日本一」というキーワードを元に、公式キャラなども誕生しています。

まとめ


日本三代七夕祭りということで、順序をつけて紹介をしましたが、どの七夕祭りも日本一の要素を持っていると思います。

ましてや、ここで紹介されなかった七夕祭りも、その地域の人にとっては日本一であってもまったく不思議ではありません。

小規模のお祭りであっても、思い入れが強ければ、そのお祭りが日本一になることは当然ですよね。

自分にとって日本一の七夕祭りを見つけることができれば、それが一番なのかもしれませんね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿