インフルエンザは風呂で感染する?シャワーの時は?残り湯は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インフルエンザは風呂で感染する?シャワーの時は?残り湯は?
家族や友人の誰かがかかると簡単にうつってしまうインフルエンザ。

最近は予防接種をしてもかかる、という話もよく聞きます。

しかし、予防接種等をしていると軽い場合も多く、インフルエンザとはいえ、ゆっくりお風呂に入りたくなります。

でも、お風呂はいわゆるみんなの共有場所です。

ここからインフルエンザがうつったら・・・と思うと、汗をかいてもお風呂に入りづらくなります。

さて、実際にインフルエンザはお風呂場でうつることなどがあるのでしょうか。

シャワーや残り湯についても検証してみました。
スポンサードリンク

インフルエンザは風呂で感染する?

インフルエンザは風呂で感染する? まず大事なポイントとして、インフルエンザなどのウイルスは、湿気にはあまり強くないということが挙げられます。

乾燥するとインフルエンザが流行ることからも分かるように、湿気には弱いのです。

お風呂場は湿気のたまり場のようなものですから、乾燥した状態のところよりは移りにくいといえるでしょう。

インフルエンザは、気温20度、湿度50パーセント以上という条件が重なると急激に感染力が落ちるという報告もあります。

ですので、 お風呂では最も感染しにくい、という答えを導き出すことができます。

お風呂よりもリビングなどの方が危険、ということですね。

もちろん、ウイルス感染予防のためにきちんと換気をして菌を追い出すことを忘れてはいけませんよ。

最後に熱湯で全体を流すと殺菌にもなります。

シャワーでインフルエンザは移る?

シャワーでインフルエンザは移る? 湿度と温度が高いならば、インフルエンザウイルスは感染能力が下がります。

しかし、寒い時にシャワーを浴びて、体をふくのにも震えながらやるような状態であれば、体力がぐんと低下してインフルエンザウイルスをもらってしまった、ということも考えられます。

そうならないように、シャワーを浴びるくらいならば、タオルを使って体を拭く程度の方がよいのではないかと思います。

いずれにしても、無理は禁物です。
スポンサードリンク

インフルエンザは残り湯から感染する?

ここまで読むと分かると思いますが、インフルエンザウイルスは湿気にかなり弱いです。

しかも気温が20度以上になるところは安心と言えるでしょう。

その点でいけば、残り湯がある方が逆に感染を予防することができます。

ですから、残り湯を他のことに流用するなどは意外にされています。

ただし、絶対にインフルエンザが移らないとは限りませんので、お風呂はとにかく換気をし、残り湯はさっと抜いてきれいに乾かし、殺菌をするという心がけは忘れてはいけません。

まとめ

いかがでしたか?

インフルエンザが軽快してくるとお風呂に入りたくなる人が増えますが、このような点に注意しておけば、安心してお風呂に入ることができますね。

無理をしないように気を付けましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿