風邪に効くおじや!卵・野菜・しょうがでしっかり栄養を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セキが出る、熱っぽい、体がだるい、頭が痛い。

それらは風邪の初期症状かもしれません。

そんな時は早めに対策を立てたいもの。

風邪菌をやっつける方にパワーを使うためには、実は食べ物を軽くするのがいいのです。

おじやなど、胃に優しい、消化の良いものを食べて消化にかかるパワーを減らしましょう。

しかし、そのおじやからしっかり栄養を取らねばなりません。

そこで具に一工夫。

さて、何を入れると消化によくて、しかも風邪対策効果が高いのでしょうか。

私たちの身近にある食材でおじやに入れそうなものをピックアップして紹介、検証していきます。
スポンサードリンク

風邪の時におじやに卵を入れると・・・

出典:http://www.salchu.net/blog/log/eid581.html

出典:http://www.salchu.net/blog/log/eid581.html

風邪の時に作るおじやの具の定番と言えば、やはり卵。

卵には栄養がたっぷりです。

ビタミン類も豊富に含まれているので、体力を回復させる効果もあります。

抗酸化作用も高く、体の毒素や老廃物を排出する働きもばっちり。

特に、免疫力をアップするための必須アミノ酸がバランスよく含まれています。

また、卵の白身にはリゾチームという酵素が含まれており、これが風邪の原因となる細菌を溶かす働きがあるのです。

栄養も、風邪予防効果もばっちりの卵。

おじやの具にはもってこいなのです。

生よりもしっかり火を通した方がよいので、しっかり加熱したおじやに溶き卵をさっと流しいれ、一呼吸置いてからかき回しましょう。

または、穴じゃくしを通して卵を入れましょう。

こうすることで、卵がふんわりきめ細かい状態になります。

味付けは和風だしや塩、しょうゆなどシンプルにすると卵のうまみも味わえます。

風邪の時のおじやの具に合う野菜は・・・

風邪の時にはビタミン類をしっかり摂取したいものです。

体のためにも、野菜のたっぷり入ったおじやは理想的。

おじやは汁ごと食べられるので、栄養も余すことなく口にすることができます。

お勧めなのは、ビタミンCも豊富なブロッコリー。

ベータカロチンがたっぷりのにんじん

甘み、うまみがしっかり出て調味料を削減できるのはさつまいもや玉ねぎなどです。

そして風邪に良いと言われるネギを最後にたっぷり散らして完成です。
出典:http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1400006860/

出典:http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1400006860/

おじやを作る前に野菜を煮て、栄養、うまみともにたっぷり出たスープにご飯を入れておじやにしましょう。

それだけで消化が良く、しかも栄養たっぷりな風邪対策食が出来上がります。
スポンサードリンク

風邪の時のおじやにしょうがを入れると・・・

しょうがは体を温めるものの代表選手です。

すりおろしてもよし、刻んでもよし。

おじやにたっぷり入れましょう。
出典:http://pecolly.jp/user/photos_detail/3244216

出典:http://pecolly.jp/user/photos_detail/3244216


しょうがの中に含まれる香り成分、ショウガオールには抗酸化作用があります。

そして同じく香り成分であるジンゲロールの中には、吐き気を押さえるセロトニンが含まれています。

風邪で具合が悪い、という時にもしっかり作用してくれます。

しかしこのしょうが、生だと体を冷やす作用があるので、熱がない場合には要注意です。

悪寒がする、熱っぽい、という場合にはすりおろした生しょうがをおじやに添える方がよいですが、体を温めておきたい場合には、早めに入れて一緒に煮てしまった方が得策です。

状態によって上手に使い分けてください。

まとめ

体力を温存するためにも、消化のよいおじやは有効です。

いろんなものをプラスして、さっさと風邪を吹き飛ばしてしまいましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿