ぶりしゃぶに合う具材・だし・シメはナニ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぶりしゃぶに合う具材・だし・シメはナニ?

出典:http://www.gero-ogawaya.net/blog/log/eid201.html


この時期、おいしいぶり。

小ぶりなサイズのものや、はまちなどを一匹買って来て、さばいていただくご家庭も多いようです。

さすがに全部お刺身、というのは厳しいですよね。

お刺身に飽きたらぜひぶりしゃぶにしましょう。

でも、魚のしゃぶしゃぶって、どんな野菜を用意して、どんなだしで作って、シメは何にしたらおいしいの、なんて思いませんか。

お肉ならいろいろやっているから分かるのに・・・ですよね。

そこで、ぶりしゃぶのために抑えておきたい基本部分をお伝えしていきます。

これを知っていれば、お買い物でも悩みませんよ。

スポンサードリンク

ぶりしゃぶに合う具材は?

ぶりしゃぶは、ぶりを食べた後のだし汁にお野菜を入れていただきます。

すき焼きに似た方法ですね。

ぶりの脂とうまみがたっぷりの煮汁によく合う野菜はたくさんありますが、食べやすさなどを考えると水菜が人気です。
ぶりしゃぶに合う具材は?

出典:http://www.osakananosusume.com/recipe/archives/cat21/post_250/

さっと火を通してさっと食べられるのがいいですね。

または、白菜の葉の部分、長ネギスライス、大根スライスなどです。

えのきなどもおいしくいただけます。

これらは、ぶりを食べながらでも一緒にいただける、さっと火が通るお野菜たち。

時間がかかってよいのなら、ぶりしゃぶの後に白菜、しいたけ、大根、人参などを入れてじっくり煮込み、野菜鍋として別にいただきます。

魚の脂のうまみがしっかり入ったおいしい野菜鍋になります。

ぶりしゃぶのだしは?

ぶりしゃぶをする際のだし汁は、こんぶが一押しです。

こんぶだしが一番さっぱりといただけます。

鍋の大きさによりますが、5センチから10センチ四方の昆布を水に30分ほどつけておきます。
ぶりしゃぶのだしは?

出典:http://superalps.info/cooking_recipe/archives/392

そのまま沸騰させたらこんぶを取り出し、薄口しょうゆ、みりん、酒、塩などで味付けをします。

もっと手軽に、ということであればほんだしなどの顆粒だしをどうぞ。

かつおだしやいりこだしなどを使ってぶりしゃぶをすると、魚の風味が強く濃厚な味わいになります。

ごくごくさっぱりさせたい、という場合には、ねぎとしょうがを入れたお湯でしゃぶしゃぶをし、その後味付けをして野菜を煮込む、という方法もありです。

スポンサードリンク

ぶりしゃぶのシメは?

ぶりしゃぶのシメは、何と言ってもやはり雑炊です。

お野菜などもしっかり煮込んで残った汁には、野菜と魚のうまみがたっぷり。

そこにご飯を入れ、溶き卵を入れてふたをします。
小ネギがあれば最後にかけてください。
ぶりしゃぶのシメは?

出典:http://saikileaf.net/item/03113burisyabu.html


たったこれだけなのに、なんともいえない美味しさで後を引く雑炊ができあがります。

最初からそのつもりで少しだけぶりや野菜のくず部分を残しておいて、一緒に煮込むといいですよ。

味が薄い分には、薬味を足していただきましょう。

梅干なども良く合います。

次に人気なのはうどん。

やはり和の食材はよく合います。

その時には、残っただし汁の味をみて調味料を足し、味を調えてからうどんを入れます。

うまみも複雑なおいしいうどんができます。

鍋のシメならではですね。

まとめ

ぶりから野菜、おいしいだし、そしてシメのフルコース。

この手順を完璧にしておくと、大満足のぶりしゃぶができると思いますよ。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿